R.S.V.P. retractable

雑談板です。
『Beat Red』
記事: 31
登録日時: 2016年9月14日(水) 22:44
お住まい: 愛知

R.S.V.P. retractable

投稿記事by 『Beat Red』 » 2017年12月05日(火) 00:16

ノックRSVP

アドベントカレンダー2017に寄稿させていただきます記事になります。
画像
画像

少し前作ったノックRSVPのチュートリアルです。
よく余ってしまう素材で作れた点は結構気に入ってます。
スプレー塗装すればもっと似る予定だったのですがそこまで出来ませんでした。

用意するもの

1.R.S.V.P.×1
.....本体、レフィル
今回は新型を使用(*1)

2.HybridGelGrip×1
.....グリップ、チップ
(チップはシグノ以外であれば恐らく大丈夫、今回はハイテックを使用)

3.R.S.V.P.RT×1(スーパーぺんてるでもおk)
.....バネ、ノック部

4.シグノ太字
.....キャップ

5.スーパーチップス
.....キャップ

6.偽G-2
.....ノックパーツ(中で回転するアレ。通常のG-2では代用不可)

つまようじ
ビニテ
インサなどなど

下準備

VP
画像
レフィルを4mm延長
25mmの個所にバネがかかる位のビニテを巻く
軸先端を4mm切り落とす(レフィルが貫通すればおk)

HGG
グリップとチップをはずしておく

RT
画像
上部を分解してバネとノック機構部をとりだす
分解時クリップが邪魔になるので先にLSCカットしとくと◎

シグノ太字
画像
キャップからクリップをはずし、上の方からから35mm切り出す
手間でなければ内側を塗装することをお勧めします(*2)

スパチ
画像
キャップを本体側から13mm切り出す
1段細い部分にシグノキャップがしっかりはまるようにテープで調整

偽G-2
画像
ノックパーツにビニテを1周半巻き、下の広がっている羽部分をニッパーでとる(省くと中で傾いてうまくノック出来ません)

組立
画像
特に難しいことありません。画像の通りです。
(RTノックパーツとシグノキャップ、VPとスパチキャップはそのままうまいことはまります)


完成!



(*1)
VP自体に個体差があることはよく話題に上がりますが、仕様変更とみていい明確な変化がいくつかあります。
(何を目安に新旧とするかは個人差がありますが)
今回問題になるのが製造時期によって本体グリップ下の内径に違いがあるということです。
画像
←が旧型、→が新型

これによってVP本体内のバネの留まる位置が大幅に変わってきます。
画像
上旧下新

一応旧型でもビニテ巻く位置を39mm程後ろにずらせばなんとかなると思います。

(*2)
塗装することで構造が隠せるほか押し込まれたVPグリップと全く同じ位置まで着色出来るはず。
更にVPキャップ内側の一段細くなってるところの線もイイカンジに再現出来る予定でした。

Return to

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: 1 & ゲスト[0人]